Posted by firstuser

よくある不用品回収トラブルを回避する業者選び3つの注意点

不用品回収で多い料金トラブルと不法投棄トラブル。

これら2つのトラブルを回避するためには、慎重な業者選びが重要になってきます。

ここでは業者選びの注意点を3つお伝えします。

まず1つ目が、不用品を回収して処分するための資格を有していること。

不用品回収をして処分をするには、古物商許可、産業廃棄物収集運搬、遺品整理士のいずれかの資格が必要です。

業者を選ぶときには、これらの資格を掲示しているかどうかを必ずチェックしてください。

2つ目が「無料」であることをアピールし過ぎていないこと。

無料という言葉の裏には必ず何かあると思うぐらいがベスト。

たとえば、回収や処分について無料だと謳う業者は怪しいです。

不法投棄をしている可能性があるので選ばないようにしてください。

無料で安心して良いのは見積もりぐらいです。

逆に見積もりを有料とする業者は何かにつけてお金を取ってくることもあるので避けましょう。

3つ目が料金体系が明確であること。

不用品の種類1点1点に価格を付けているところが安心です。

「〇万円~」「〇万円程度」と曖昧な表記をしている業者はNG。

あとから、思ってもいない料金を吹っ掛けられる可能性大。

事前に見積もりを取って検討することをおすすめします。

不用品回収は何かとトラブルが多いです。

あとから「こんなはずではなかった」とならないように、業者を選ぶときにはここで解説した注意点を必ず押さえておきましょう。

初めての人必見!不用品回収よくあるトラブル

不用品回収のトラブルは様々な地域でおきていることです。

神奈川のような人口の多いところでは需要も多いので、悪質な業者も複数存在します。

そして比較的人口の少ないところでもトラブルは0ではないのです。

利用を考えている方はどんなトラブルがおこりがちなのか、あらかじめ把握しておきましょう。

不用品回収のトラブルは「料金のトラブル」と「不法投棄のトラブル」の2つに大別されます。

ここではこの2つのトラブルについてわかりやすく解説します。

まずは料金トラブルですが、もっとも多いのが、無料だと聞いていたのに有料だったというもの。

具体的に言うと、広告には「0円で回収します」と宣伝しながら、手数料や交通費などさまざまな理由をつけてはお金を取るというようなトラブルが多発しています。

中には、利用者がその場で無料かどうかを確かめたにもかかわらず、トラックに積み終えてから「回収自体は無料だけど、運搬や投棄に関しては有料」と言って、利用者がお金を出さざるをえないようにする悪質なケースもあります。

また、不法投棄トラブルも料金トラブルに並んで頻発しており、多くの人を悩ませています。

不法投棄トラブルで圧倒的によくあるのが、回収された不用品が正規の場所に捨てられていなかったというケース。

大型ゴミが空き地や山間部、道路などに放置されているのを見たことがある人もいると思いますが、あれはまさに不法投棄です。

業者が勝手に捨てていても、もともとの持ち主の責任になるので注意。

5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方の刑に処すと廃棄物処理法で規定されています。

不用品回収を業者に依頼する場合は、これら2点のトラブルをよく把握し、あらかじめ注意点を理解しておくことが大切です。

また、業者を選ぶ注意点についても押さえておくと安心です。